10/18/2012

10/18


リトルオゼの一寸法師を描いています。



小さなティーカップに乗って
終わりなき旅を続けるものたち。

繰り返しなどなく
瞬間瞬間が
絶景

やがて岸について
荒涼とした世界を
あてもなく
歩きだす時が来るまで、

流れに身を任せ
目前にそびえる
ありのまま姿

その自然界と
いざ一体とならん




それらを画面に記す。







<メモ>

有限な時の中で
無限につづく果てのない世界を発見した時の喜び


<メモ>

だいだい色
むらさき色
が昔からあんまり好みでなかった。昔色の話をしていた時に、いとこが「元気になるからオレンジ色が好き。」と言った時びっくりしていた自分。今はその気持ちがしみじみよくわかるんだよなあ。ふしぎだなあ。むらさきについても、そう。すこしずつ、ならしてる。でもまだちょっとあたふた。



















No comments:

Post a Comment